トップ画像
TOP » yomi-tai » yomi-tai 9月2号

yomi-tai 9月2号
ようこそ、読売センター落合南長崎ホームページへ

category : yomi-tai 2013.9.20

敬老の日のはじまり

敬老の日(けいろうのひ)は、日本の国民の祝日のひとつで、9月の第3月曜日

1947年(昭和22年)に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長と山本明助役が提唱した「としよりの日」が始まり。
「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、
農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、
従来から敬老会を開いていた。これが1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で行われるようになり、
後に全国に広がった。
その後「としより」という表現は良くないということで1964年(昭和39年)に『老人の日』と改称され、
翌年に野間谷村からの政府への繰り返しの働きかけもあり、
国民の祝日『敬老の日』に制定された(「こどもの日」「成人の日」があるのに敬老の日がないのはおかしいと声を上げ続けたという)。

敬老の日 似顔絵コンテスト

8月31日に募集させていただいた似顔絵を一挙掲載させていただきます。
たくさんの素敵なイラストをありがとうございました!!

Copyright(c) 2017 ようこそ、読売センター落合南長崎ホームページへ All Rights Reserved.