トップ画像
TOP » yomi-tai » yomi-tai 9月1号

yomi-tai 9月1号
ようこそ、読売センター落合南長崎ホームページへ

category : yomi-tai 2013.9.1

お客様からのコメント



読売新聞のご購読ありがとうございます。上記はチケットプレゼントの際にいただいたお客さまからの貴重なコメントをまとめてみました。
誌面の都合上、たくさんいただいたご意見の中のほんの一部だけの掲載ですが、貴重なご意見を今後の課題として参ります。
チケットプレゼントを始めて、およそ1年。全てのお客様にご希望通りのチケットをお届けすることは(予算の都合上)なかなかできず心苦しいばかりですが、今後なおいっそう努力してまいります。よろしくお願いします。

9月の花言葉

リンドウ(竜胆) 花言葉…群生せず、一本ずつ咲く姿から花言葉は「悲しんでいるあなたを愛する」。そのほか「あなたの悲しみに寄りそう」「誠実」「正義」「貞節」「淋しい愛情」。
根が「熊の胆(い)」よりも苦いことから、「竜の胆(最上級に苦い)」の意味で、この名前になったとされる。その苦い根は、健胃・消炎・鎮静の薬として用いられる。花は、晴れたときのみ開く。
根が効き目の高い漢方薬として使われていた事や、花の色である紫色が古来より高貴な色とされてきた事から、健康や長寿、尊敬の意味を込めて敬老の日に贈る花として、とても縁起が良いとされている。

梗 花言葉…「やさしい愛情」「誠実、従順」「変わらぬ愛、変わらぬ心」「清楚、気品、正義」
キキョウの根はサポニンを多く含むことから生薬(桔梗根という)として利用されている。
根は、咳・痰を鎮静、鎮痛解熱などの漢方生薬として利用される。
日本では花を愛でる方が主だが、諸国では薬用利用・食用としての価値が高いようだ。
韓国名は「トラジ」。根は食材のひとつとして、ナムルやビビンバ、キムチの材料に用いられる。

万葉集のなかで秋の七草と歌われている“朝貌の花”は桔梗であると言われている。

均整の取れた5角形が、家紋のモチーフ(桔梗紋)になっている。美濃の山県氏、
土岐氏一族は桔梗紋を紋所にしていた事で知られている。明智光秀も土岐氏一族であり、桔梗紋を用いていた。 

・芙蓉 花言葉…「繊細な美」「しとやか」
朝開花し、夕方にはしぼむ1日花。排気ガスにも強く、高速道路の路肩などにも植えられている丈夫な花木。

Copyright(c) 2017 ようこそ、読売センター落合南長崎ホームページへ All Rights Reserved.