トップ画像
TOP » 通常投稿 » 自然観察に〈おとめ山公園〉に行ってみよう

自然観察に〈おとめ山公園〉に行ってみよう
ようこそ、読売センター落合南長崎ホームページへ

category : 通常投稿 2013.7.30

新宿区立〈おとめ山公園〉の「おとめ山」は、その周辺が江戸時代に将軍家の狩猟地で、一般人の立ち入り禁止になっていたことから「御留山」と呼ばれています。

現在、おとめ山公園は、武蔵野の原野の風景を彷彿する公園として整備され、湧水・流れ・池・斜面の樹林地からなる自然豊かな公園となっています。
みどりの新宿30選と東京の名湧水57選にも選定されています。敷地内ではホタルの養殖が行われており、毎年夏にはホタル観賞会が催されています。

現在、区民の皆さんが自然と触れ合える「区民ふれあいの森」の拡張整備が進んでいます。2013年4月には、草地広場(Cゾーン)とふれあい広場(中央ゾーン)が開園されました。もちろん、ザリガニや亀がたくさんいる池もそのまま残っています。
「落合崖線に息づく記憶の再生」を整備計画の基本方針として、かつてこの土地にあった谷戸地形を再生し、武蔵野の雑木林や湧水が守られています。

草地広場では、芝生の囲いの大部分も2013年7月18日に撤去されました。広々とした広場で、草地の上でゴロゴロできます。せせらぎが流れ、静かにしていると心地よい水音が響きます。
ふれあい広場はおとめ山の中で小高い場所にあり、落合の谷戸を登った小山に来たような雰囲気です。
新しいエリアは、森のイメージのおとめ山に、太陽豊かな気持ちの良いイメージを追加しています。

新しいエリアが公開され、ますます楽しくなったおとめ山公園。夏場は、大人は雑木林で森林浴と心と身体をリフレッシュ、子どもたちはいろいろな場所で自然体験で大はしゃぎできそうです。

場所:新宿区下落合2-10
開園時間:4月~9月 午前7時~午後7時、10月~3月 午前7時~午後5時

(しんじゅくノート『新宿チビたび散歩』より)




地域の情報

暮らしの情報
お店の情報

新着情報

カレンダー

 

関連リンク

読売オンライン 読売ジャイアンツ 読売ランド 読売ねせぱ 読売ファミリーサークル ヨミドクター 読売リフォームセンター 読売旅行 読売引越センター

地域のお天気

Copyright(c) 2017 ようこそ、読売センター落合南長崎ホームページへ All Rights Reserved.