トップ画像
TOP » 通常投稿 » 芙美子の「愛らしく美しい家」特別公開

芙美子の「愛らしく美しい家」特別公開
ようこそ、読売センター落合南長崎ホームページへ

category : 通常投稿 2014.10.25

ふだんは立ち入ることのできない林芙美子記念館(中井2-20-1)の建物内部が、来月の2日間、特別に公開されます。
芙美子のこだわりに貫かれた家を、ぜひこの機会に鑑賞してはいかがでしょうか。室内から見る晩秋の庭園も堪能できます。

〈林芙美子記念館〉
 この建物は『放浪記』『浮雲』などの代表作で知られる作家・林芙美子が、昭和16年(1941)8月から昭和26年(1951)6月28日にその生涯を閉じるまで住んでいた家です。
大正11年(1922)に上京して以来、多くの苦労をしてきた芙美子は、昭和5年(1930)に落合の地に移り住み、昭和14年(1939)12月にはこの土地を購入し、新居を建設しはじめました。
新居建設当時、建坪の制限があったため、芙美子名義の生活棟と、画家であった夫・緑敏名義のアトリエ棟をそれぞれ建て、その後すぐにつなぎ合わせました。
芙美子は新居の建設のため、建築について勉強をし、設計者や大工を連れて京都の民家を見学に行ったり、材木を見に行くなど、その思い入れは格別でした。このため、山口文象設計によるこの家は、数寄屋造りのこまやかさが感じられる京風の特色と、芙美子らしい民家風のおおらかさをあわせもち、落ち着きのある住まいになっています。芙美子は客間よりも茶の間や風呂や厠や台所に十二分に金をかけるように考え、そのこだわりはこの家のあちらこちらに見ることができます。

「建物内部特別公開」
【日時】11月22日(土)  (1)10:00~ (2)13:00~ (3)14:30~
    11月23日(日・祝)(1)10:00~ (2)13:00~ (3)14:30~
   (各日3回実施、各回70分)
【会場】林芙美子記念館(中井2-20-1)
【定員】各日・各回とも20名(多数抽選)
【料金】300円(入館料含む)
【申込み】往復はがきまたはWebでお申込みください。
     締切:両日とも11月7日(金)
 1.往復はがきでのお申込み(※締切日必着)
 往復はがき(片道52円)にイベント名・希望する日付(11月22日または23日)と時間(1)10:00~ (2)13:00~ (3)14:30~・郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話・年齢・性別をご記入の上、新宿歴史博物館(〒160-0008 新宿区三栄町22)までご郵送ください。 
 ※同伴者(1名まで)がいる場合は、必ず同伴者名及び年齢をご記入ください。
 ※メンバーズ倶楽部会員または博物館ボランティアの方がお申込みの際は、その旨必ず明記してください。
 2.Webからのお申込み
  講座申込画面からお申込みください
  (1)11月22日分は ⇒こちらをクリックして講座申込画面へ
  (2)11月23日分は ⇒こちらをクリックして講座申込画面へ
※質問欄(申込内容確認画面に表示されます)に希望する時間(1)10:00~ (2)13:00~ (3)14:30~と、同伴者(1名まで)がいる場合は、必ず同伴者名及び年齢をご記入下さい。
※メンバーズ倶楽部会員または博物館ボランティアの方がお申込みの際は、質問欄にその旨を明記してください。
【問合せ】新宿歴史博物館 学芸課 TEL 03-3359-2131

地域の情報

暮らしの情報
お店の情報

新着情報

カレンダー

 

関連リンク

読売オンライン 読売ジャイアンツ 読売ランド 読売ねせぱ 読売ファミリーサークル ヨミドクター 読売リフォームセンター 読売旅行 読売引越センター

地域のお天気

Copyright(c) 2017 ようこそ、読売センター落合南長崎ホームページへ All Rights Reserved.